持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

 

 

当社での取り組みについて

1. 2030年へのミッション

オカトスヒーローリアルエステートでは、不動産を利用するのは「人」であるという観点から、お客様とのコミュニケーションを第一とし「正確な情報と質の良いサービスの提供」と「安心して取引を行える不動産業者を目指す」を第一の目標として掲げ、創業より歩んでまいりました。

今後は、災害や感染症等の不安から人を守る「不動産」の価値を長く維持するとともに、新たな利用価値を見出し、流通促進と経済発展に貢献することを新たな目標とし、2030年の目標実現に向けて取り組んでまいります。

 

2. 現在実践中の取り組み

オカトスヒーローリアルエステートでは現在

①今すぐ実行できること

②長く持続が可能であること

をテーマとして掲げ、従業員とともにSDGsへの理解と実践に取り組んでおります。

  • 車通勤を止め、電車通勤に変えた。
  • 会社内の電気機器・照明を省エネ効率のよいものに変更した。
  • 男性と女性従業員を平等に扱い、役割と仕事の機会を与えた。
  • 出身地・国籍・性別・年齢を問わない雇用を創出した。
  • 質の高い業務が行える環境を従業員に提供した。
  • ゴミ袋・ペットボトル等石油製品使用の削減を呼びかけてる。
  • ペーパーレスをに努め、ゴミを減らしている。
  • 従業員にSDGsを学ぶ機会を与えて理解を深め、個々の取り組みを促すと共に、共通のゴールを達成するために協力し合うことを話し合った。