“不動産を通じて社会に貢献するため、従来の概念を覆し、正確な情報と質の良いサービスを提供することによりお客様が安心して取引を行える不動産業を目指す。”

 

これは当社の経営理念です。

不動産業界はいま大きな変化のただなかにあり、「不動産」という概念すら変化しつつあります。そのような中で私たちは経営理念にあるとおり、不動産業に新しい分野を立ち上げました。それが「査定ズム。」です。

不動産という商品は過去も現在もこの地球上でもっとも高価な商品の一つであり、そして未来もそうあり続けるでしょう。金融商品として刻々と変化するその性質も、日常生活の目ではとらえがたい難しさを与えています。そのような性質のものはそれを取引する当事者の主観から離れて、第三者の客観的な目で評価されるべきです。これをわかりやすい言葉でお客様に提供するのが査定ズム。です。

不動産のこのような性質と「会社」という商品もよく似ています。したがって会社は格付け機関という第三者の目によって評価されることとなってきており、今や国や地方自治体でさえも評価、格付けの対象となっています。金融化が進む今日にあって第三者評価がたいへん重要な意味を帯びてきている証拠ではないでしょうか。

日本の不動産も売り手側の一方的な価格や仲介者の判断ではなく、第三者の目がますます重要となっています。特に金融機関においては担保とする不動産の価格について第三者の評価を求めるのは融資の健全性や不動産市場に対する社会的責任という意味で不可欠の状況が来ているのではないでしょうか。不動産価格を扱う弁護士、税理士、会計士などのプロフェッショナルにとっても事情は同じことです。

公平公正な立場で不動産価格判断が迅速に求められる時代のニーズにこたえること。それが私たちの査定ズム。=不動産現在価値の情報提供サービスであり、不動産業界の次をリードする商品であると自負しております。不動産に対するこの新しい考え方は、街づくり、ビル・マンション経営などすべてに応用できるものであり、こうした新しい世界が次世代を担う若者とともに広がっていくことを期待しています。そのために査定ズム。を広くお客様に提供することにより、不動産業界のパイオニア、近未来不動産の担い手たる不動産業へと飛躍してまいりたいと考えております。

 

株式会社Okatos Hero Real Estate

代表取締役社長 岡本啓吾